SO日本2005年ALPs全国アスリート会議に参加して■

 SO日本2005年ALPs全国アスリート会議に、関口佳彦(ブロック別アスリート委員長)、杉野功祐(SO徳島アスリート副委員長)と三嶋正一郎(ボランティア)の3名で行って来ました。
 

期日: 平成17年10月29日(土)、30日(日)
場所: 大阪府服部緑地ユースホステル
目標:
  1. たくさんの人たちと交流し、ひとりでも多くの人と話しましょう。
  2. アスリート委員会について理解し、会議の中でテーマにそって話し合ってみよう。
  3. それぞれの地区でアスリート委員会を開催できるようになろう。
  4. SOに日本のアスリート役員をきめよう。
   上記にような目標のもと2日間にわたって、グループに分かれて研修や会議が行われました。 アスリートとボランテアが分かれて研修をする時間が多くありましたのでグループ別のときの詳細な討議内容はわからないこともありますが、全体的には、まだアスリート会議を行っていない地区も多く、アスリート会議のイメージがつかめない人と活発に活動している地区の人との発言内容に差を感じましたが、すべての人が1度は発言をして話し合いが行われて、和やかで、充実したものだったと感じました。

アスリート役員は、いま新しく組織を立ち上げているところも多いため、今回決めてもすぐに変更しなければならなくなる可能性があるので、つぎの機会に決めることにするとのことでした。

本県のアスリート2名は、積極的に交流をして多くにの人たちと名刺交換ができました。色々な場での発言も大きな声ではっきり話しており、このような場に慣れているので心強く思いました。
     
グループごとに、代表がポーズをつくった人型を中心にしてデザインした、大きな旗をつくりました。これは、今度の熊本のスポーツ大会の会場で披露されるということですので、参加される方はぜひ、力作をご覧ください。 (三嶋 正一郎)